将来的な経営を学ぶなら国内MBA

経営学をとにかくマスターしたい!

この度は「将来的な経営を学ぶなら国内MBA」にお越しいただき誠にありがとうございます。
国内MBAに関すること、またビジネススクールについての様々な情報をお届けしています。

 

ビジネススクール毎の特色や、そして自分が目指している目的というのがどの程度まで来ているのかを考えながら慎重にセレクトをビジネススクール選びで行わなければいけません。

 

MBAへ取得する事を目指している場合、「とにかく経営学をマスターしたい!」といった明確な意思表示を持つ事はとても大切なことです。

 

そして自分が将来的にどんなビジネスパーソンを目標にしていこうかという事をきちんと考える必要があります。
常勤教員として実務経験者が多いか少ないか、またどの程度の教育実績がMBAとしてあるのか、非常勤講師にはどんなメンバーがいるのかなど、きちんと事前に確認を入れる事も重要なポイントとなります。

 

このようにビジネススクールによりまして、全くアプローチの仕方に違いがあるのです。

 

まず最初はビジネススクールの教育方針に関してが、自分の目的に合っているのか?という事が挙げられます。

 

例えば、MBAプログラムとして有名な慶應義塾大学大学院(KBS)においては、ケースを使用したディスカッションに重点を置きつつプログラムを進めていく事になるのですが、それにたいし、一橋大大学院商学研究科MBAコースにおきましては、理論的枠組みを最初にまず押さえることに対して重点が置かれています。

 

その他にも自分したいと考えてる領域や事業分野に関係する専門家が在籍をしているかどうかということもシッカリと事前に調査しておくようにしましょう。

 

また講師陣の実績をチェックする事も非常に大切です。
勿論、スタッフがどこの誰なのかも大事なポイントとなる事でしょう。

 

貴方がこの記事にたどり着いたということは、国内MBAに関することを調べているのでしょう。
ネットの世界には参考にするべきサイトが多数ありますので、まず最初は国内MBAの基本的な知識を学ぶことが大切です。